厄介なねずみとイタチの駆除や捕獲が行える業者を調べてみる

  1. ホーム
  2. 予防と誘引液

予防と誘引液

蜂

ハチの中でも最も危険性の高いものがスズメバチです。スズメバチが家の近くに巣を作ってしまったときには早急に駆除する必要があります。特に、家庭に子供がいるような場合には、子供にも危険が及びます。しかしながら、成長したスズメバチを駆除するよりも巣を作らせないようにする方が駆除としては簡単です。スズメバチが既に巣を作ってしまうと、殺虫剤で駆除しようとすると、一斉に襲い掛かってきます。そのため、巣ができる前に予防する方が負担が少なくて済みます。スズメバチは女王蜂が巣を単独で作ります。3月から5月の春になると作り始めますので、その時期に誘引液を入れたペットボトルを庭や家の周辺に設置しておきます。そうすると女王蜂を捕獲することができて予防になります。

ペットボトルによる予防方法で重要なことは誘引液です。女王蜂をうまくペットボトルに引き込むためには、甘い香りを発するように誘引液を作らなければいけません。おすすめはグレープフルーツと水を6:4で配合することです。こうして作られた液はスズメバチが好きな香りがします。この液は甘ければいいという問題ではありません。なぜならスズメバチ以外も集まってしまうからです。特に、春から夏にかけていろいろな虫が成虫になります。したがって、誘引液は甘ければ何でもいいというわけではありません。夏になってもペットボトルを設置しておくと他地域から来た働き蜂を捕獲することもできます。スズメバチが活発に動く10月まで設置してもいいでしょう。また、専門業者に依頼するのも1つの方法です。専門業者では、スズメバチの生態に詳しいプロが駆除を行なってくれるため、安心して作業を任せることができます。依頼する際には、電話やメールなどで行うのが一般的となっています。スズメバチの被害に困っている場合は、一度相談してみるとよいでしょう。