厄介なねずみとイタチの駆除や捕獲が行える業者を調べてみる

  1. ホーム
  2. 住宅の防アリ工事

住宅の防アリ工事

白蟻

木材に注入

木造住宅は、主に木材を使って作られているのですが、木材はシロアリにとっては好物となります。そのため木造住宅に住む多くの人が、シロアリ対策として定期的に防アリ工事をおこなっています。具体的には、シロアリが特に発生しやすい風呂場や土間などを支える木材に、シロアリが嫌う匂いを放つ薬剤を注入するのです。この対策により、5年ほどはシロアリの侵入を防ぐことができます。注入の際には、まずは木材にドリルでごく小さな穴をあけます。この穴は、直径は数ミリ程度なのですが、木材の芯の部分にまで到達するほどの深さがあります。ここに薬剤を注入すると、それが木材の広範囲に染み渡っていきます。そのため柱の場合、1本につき2〜3箇所に穴をあけて注入すれば、柱全体で対策できるようになります。

建築の段階で

シロアリは、基本的には地中を移動し、そこから住宅に入り込みます。したがってシロアリ対策は、木材だけでなく土壌に対しても、よくおこなわれています。住宅と土壌の間には、基礎となるコンクリートの層があります。そのため住宅の下の土壌へのシロアリ対策は、このコンクリートに穴をあけておこなうことになります。木材にあける穴と異なり、コンクリートにあける穴は、層を貫通するほど深いものです。そしてその穴に細長い器具を挿入し、そこから土壌に直接薬剤を注入して、広範囲に染み込ませていくわけです。もちろんあけた穴はしっかりと塞がれるので、ほぼ元通りの見た目となりますし、薬剤は土壌に閉じ込められます。これにより、シロアリが地中から住宅に入ってくるリスクが大幅に少なくなるのです。